同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立25周年記念事業]特設サイトへ
法政大学経済学部同窓会は
創立25周年を迎えました


[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時〜16時)
法政大学経済学部同窓会同窓会特別講座>飯田隆教授
同窓会特別講座

飯田教授の法大経済学部の歴史談義シリーズ
第1回『高木友三郎のドイツ留学』

飯田隆 教授
 わが国の高等教育機関において経済学の研究・教育が本格的に行われるようになったのは、1919(大正8)年、東京帝国大学において経済学部が創設されたのが最初である。そして、その翌年、それまで専門学校令に基づく学校ではあったが、「大学」と称していた私立の高等教育機関のうち、10校が大学令によって名実ともに大学に昇格した。本学もその中に含まれる。そして、本学は大学昇格に伴って経済学部を設置することとなった。慶應義塾大学経済学部などと並んで、私学では最も古い歴史をもつ経済学部である。
 この時期、わが国の高等教育機関において相次いで経済学部が誕生したのは、第1次大戦中および戦後の日本経済が対ヨーロッパ向けの輸出を主軸に飛躍的に発展し、それに伴って経済問題や社会問題が新たに重要課題となって、経済学に対する社会の要求が大いに高まったことを背景としている。第2次大戦後、本学経済学部教授となる大島清は「経済学部の誕生は『時代の要求によって』もたらされた」と、東京帝大経済学部の創設において功労者だった高野岩三郎の伝記において記している。法政大学の経済学部もそのような時代背景の下に誕生したのであった。
 法政本学経済学部の創設にあたって最大の貢献をなしたのが高木友三郎であった。高木は1914(大正3)年、東京帝大法科大学政治科を卒業し、増田ビルブローカー銀行に就職、調査部長の補佐役を務めた。その後、1917(大正6)年に大阪毎日新聞社に入社、経済部副部長の任にあたった。これを機に東京帝国大学大学院に入学、金井延などの指導の下、経済学や社会政策を研究していた。
 高木は1919年の10月、金井の推薦により和仏法律学校法政大学の経済原論を担当する講師として法政大学との関係をもつに至った。そして、翌年の大学への昇格に伴う経済学部の新設に関わることとなり、法政大学の専任教授として経済学部の専任スタッフの充実化に尽力した。その結果、錦織理一郎、木村増太郎、平貞蔵、小西憲三など有力な専任教授陣が本学経済学部に迎えられた。こうして、法政大学経済学部の教育・研究体制が確立したことを受けて、高木は1923(大正12)年1月、ドイツに留学することになった。
 高木が留学先としてドイツを選んだことは、当時では当たり前のことであった。その頃のドイツでは新歴史学派と呼ばれる少壮の学者たちが活躍していた。この学派には、グスタフ・シュモラーを指導者としてルヨ・ブレンターノ、グスタフ・シェーンベルク、アドルフ・ワグナー、カール・ビュッヒャー、ヴェルナー・ゾンバルトなど有数の経済学者たちが数えられる。わが国でまだ経済学が学問的に確立していない段階で、経済学を専攻しようとする学者が留学先としてドイツを選んだのは当然で、戦後、法政に関係をもつ大内兵衛、久留間鮫造、有沢広巳なども大正期のドイツ留学組である。
 高木友三郎は1926(大正15)年4月に帰国するが、その留学先での研究成果は、同年7月出版の『経済学通論』(総合大学講座第19巻、聖山閣)として発表された。その内容は、現時点からみると驚くべきもので、前述のワグナーやビュッヒャー、あるいはドイツ歴史学派の始祖、リストの学説も紹介されているが、それ以上に、スミス、リカード、マルクスの所説に基づいているし、マルサス、そしてJ・S・ミルやマーシャルの議論にも言及している。要するに、ドイツ学派のみに偏ることなく、当時の各国経済学者の諸説を消化し、独自の議論を展開しているのである。
 高木がドイツのどこの研究機関に所属し誰に指導を受けたかは、今のところ、はっきりしない。ただ、高木のドイツ留学は法政大学経済学部に一つの大きな成果をもたらした。それは、高木が『ウェルト・ウィルトシャフト』(日本語で「世界経済」の意)の著書を購入した結果、本学経済学部でも、この著作のように世界経済の実情を研究し、発表しようとする気運が高まったのである。高木が入手したという著書は特定できないが、この高木の考え方は当時の経済学部スタッフの間で浸透してゆく。
 こうして、1929(昭和4)年、学部付属機関として国際経済研究所が設立され、翌年、世界経済研究所と名称を変更し、機関誌として『世界経済』が刊行されることとなったのである。当時、世界経済の実態を紹介する雑誌・新聞は他にほとんどなかったため、この機関誌は財界などに好評をもって迎えられたようである。第2次大戦前、本学経済学部の専任教授だった友岡久雄の回想によれば、この機関誌は次のような性格をもち、実業界でも評判となっていた。
 すなわち、『世界経済』は「世間にあんがい大きい反響を呼び起しました。その当時でも、勝田貞治さんとか、高橋亀吉さんとかいう人たちが景気観測の雑誌を出して相当に人気があったのですけれども、われわれの『世界経済』の方は………俊秀がそろって執筆したのですから、理論のしっかりした裏付けをもった、きわめて格調の高い景気観測の雑誌でした。………その頃から経済学部の教授陣容は急速に充実して理論研究にも実際的研究にもスタッフが揃っていることを世の中に認めさせることには十分に役立ったと思います」。
 昭和初期、法政大学経済学部は高い世評を受けていて、錦織理一郎が回想しているように、「法政大学はわれわれが考えているよるよりも、よそのほうから見た方がよかったらしい。法政は非常にいいという評判をしていた………京都大学の………連中に会うと、真面目にお世辞じゃなくて、経済では法政がいちばんいいのじゃないかというのです。東大も一ツ橋も入れての話なんですよ。………東京で法政はいちばんいい………外からみるとそういうふうに見えるのです」。このような法政大学経済学部の世評の高さを生んだのは高木友三郎のドイツ留学を起点にしているといえよう。

(2005.7.4)

飯田隆教授 筆者:飯田 隆(いいだ たかし)

1956年 福岡県に生まれる
1979年 法政大学経営学部卒業
1985年 法政大学大学院博士課程単位取得
同   年 東京大学助手
1987年 東京外国語大学講師
1990年 東京外国語大学助教授
1999年 法政大学経済学部教授(現在に至る)

※飯田教授は2011年4月、病気のため亡くなられました
  ご冥福をお祈り致します