同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立20周年記念事業]特設サイトへ
法政大学経済学部同窓会は
創立20周年を迎えました


[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時〜16時)
法政大学経済学部同窓会会員短信>経済学部同窓会入会の抱負
会員短信

経済学部同窓会入会の抱負
 (1974年卒・北村 武)

 従来より同窓会活動について関心があり、機会があれば参加したいと思っておりました。 大変微力でありますが、母校および現役の学生達へも何らかの応援をしたい気持ちは変わっておりません。
 昨年までは私立学校の法人事務局長をしていた為、日常業務や学内理事会、管理職会議等に忙殺されまして母校同窓会へ力を割く気持ちの余裕がありませんでした。
 昨年3月に職務を任期満了により退任し、再任用事務嘱託として極めてフリーの立場となりましたので、引き継ぎ等の一段落を機会に経済学部同窓会に参加させていただきたく、今回申し込みをさせていただきました。
 今の自分として、大学と中学高校の違いはありますが同じ教育界に身を置くものとして、これから大学へ進学される生徒諸君に対して法政の良さを宣伝できるというアドバンテージがあります。
 学校のグローバル化が叫ばれる中、我が母校も文科省のスーパーグローバル大学37校に選ばれており、出身の私としては大変誇らしいことです。
 本年は高校に下がってきておりスーパーグローバルハイスクールの指定が始まります、中高も大学もこの選別を乗り越えて行きませんと将来の展望が持てなくなりそうです。勢いのある母校へ可能な限り若い生徒を母校へ送り込めたらと祈っております。
 もう一つの入会動機ですが、私の居住地は神奈川県の小田原地区と言われていますが他大学(早稲田、慶応をもとより有力大学)は小田原支部があり箱根駅伝等地区でOB会が中心となって母校の応援を地元紙等を通じ呼びかけ実施しております。
 残念ながら法政大学は支部がありません、私のみならず多くの同窓生が寂しい思いをしているのではないかと推察しています、経済学部同窓会のなかで小田原地区出身で同じお考えをお持ちの方々がいらっしゃれば、協力をしてこの夢を実現したいと思っております。
 以上を持ちまして私の入会の抱負とさせていただきます。(平成27年2月吉日)

(2015.3.7掲載)