同窓会トップページへ戻る
入会のお誘い
経済学部のひろば
事業・行事案内
同窓会報より
同窓会特別講座
森嘉兵衛賞
会員短信
卒業生サービス
同窓会の案内
[同窓会からのお知らせ]同窓会からのさまざまなお知らせはここから
[リンク集]同窓会や法政大学関係のリンク集

[創立25周年記念事業]特設サイトへ

[卒サラ・起業家インタビュー・シリーズ]へ

法政大学経済学部同窓会事務局
〒194-0298
 東京都町田市相原町4342
 電話・FAX:042-783-2550
 (火・水・金曜 9時~16時)
法政大学経済学部同窓会会員短信>同窓会ホームページ閲覧者の皆さんに同窓会への参加を訴える

会員短信

同窓会ホームページ閲覧者の皆さんに同窓会への参加を訴える
   同窓会ホームページ部会長村串仁三郎(法政大学名誉教授)

ホームページ閲覧者に同窓会への参加を訴える

 経済学部同窓会(経友会)は、来年で創立25周年を迎えます。
 経済学同窓会は、設立以来、積極的かつユニークな活動をおこない、世に広く知られ高く評価されてきています。しかし現在、正直に言えば、経済学部同窓会は、組織の存続にかかわる危機に直面しております。かつて延べ5794名いた会員が、2015年現在会費を納入している会員が1509名に減少し、そのため財政的にも極めて困難な状況にあります。
 ここ数年は、新しい会員の入会は3桁を割りし数十人から十数人という水準に落ち、死亡等、退会者、住所不明者などの退会者が毎年100名前後に及んでいます。その上、同窓会の活動を支えている代表幹事の年齢が高齢化し、新たに代表幹事になる人がなく固定化し、活動のマンネリ化を招いています。同窓会の活動を底辺で支えている常任幹事も、年に3,4名が新たに就任してくれていますが、大半は高齢化のため幹事会への参加もおぼつかなく、定例の総会や忘年パーティへの参加者もかつての半分近くに減少してきています。
 経済学部同窓会は、「設立総会宣言」にあるように同窓会の目的を「第1に卒業してばらばらになっている卒業生を組織し、お互いに親睦を深め、情報を交換し、交流しあう機会と場を提供すること」、第2に「経済学部ひいては法政大学の局・研究の発展のために何らかの支援をしていくこと」として掲げています。
 同じ大学の学部を同じくした同朋が集い結ぶことは、それなりの価値と意義があります。
 経済学部同窓会の活性化のために、経済学部卒業生(1、2部、通教、大学院の区別を問わず)の同窓会への参加、加入を訴えます。同窓会の活動の一端は、このホームページを通じてある程度ご理解いただいていると思いますが、今一つ、踏み込んで、同窓会に加入して、同窓会活動に参加して、卒業生同士の親睦、情報交換、交流をはかり、大学や経済学部への支援、経済学部教授や学生との交流を図っていこうではありませんか。

2016年9月吉日