2019-04-11

<第7回桜を観る会>昔なつかしい吉祥寺を尋ねて

 

 3月30日(土)、第7回「桜を観る会」が、福島市から豊田啓助ご夫妻も参加されて21名で行われました。天気はいいが少し寒い日でした。京王井の頭公園駅を10時に目的地に向け出発し、途中、玉川上水沿いの法政中・高校に寄り、校庭の桜や生徒の野球練習を見学しました。そして、30年ほど前に大学の授業で「玉川上水と神田川」というレポートを書くために歩いたことを思い出しながら、玉川上水緑道を井の頭公園へ。上水に落ちた教え子を助けようとして亡くなった松本訓導の殉難碑を見てから、井の頭池をめぐって2,500本といわれる桜の花を観賞しました。花は八分咲きで見事でした。

 井の頭公園は広く三鷹市と武蔵野市にまたがっています。私は以前、転勤で武蔵野市吉祥寺に住んでいましたので、とてもなつかしい気持になりました。

 吉祥寺駅前で散会となりましたが、午後から予定があった私は、昼食に行く皆さんと別れ、昔なつかしい吉祥寺を後にしました。

法政中・高等学校前で

 

法政中・高等学校前で

 

(文・平川忠勝<経・商93年卒 >/写真・田口裕吉)